プログラム


まいづるRB レクチャーシリーズ

まいづるRBが企画するレクチャーシリーズ。
「地域のミカタ 〜建築 × アートの可能性」
レクチャーシリーズの第二回目講師は、建築家の宮本佳明氏です!
まいづるRBによるレクチャーシリーズの第二弾を開催します。
阪神淡路大震災により全壊判定を受けた自身のアトリエを、大胆な耐震改修によって甦らせた「ゼンカイ」ハウスや国際美術展「ヴェネチア・ビエンナーレ」建築展など、国内外で活躍しいくつもの賞を受賞する建築家、宮本佳明さんをお招きします。
住居やお寺の改修/改築から、空間やその場の来歴に着目したアート・プロジェクト等、さまざまなシーンで活躍する宮本さんの活動紹介をヒントに、赤れんが倉庫に代表される舞鶴の近代化建築の未来を探ります。
建築に詳しい方もそうでない方も、お気軽にご参加ください。宮本さんを身近に囲んでの勉強会です。

講師 宮本佳明(みやもとかつひろ/建築家)
ウェブ http://www.kmaa.jp/
日時 2010年2月13日(土) 16:00〜17:30
会場 まいづる智恵蔵・二階

参加費 無料(予約優先)
予約・問合せ まいづるRB事務局
       626-0080舞鶴市字北吸1039-2(舞鶴市政記念館内)
       TEL 0773-66-1096 FAX 0773-64-6364
       MAIL office@maizuru-rb.jp

講師・プロフィール
宮本佳明(みやもと・かつひろ)
1961年兵庫県生まれ。1984年東京大学工学部建築学科卒業/1987年同大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了
1988年にアトリエ第5建築界設立、2002年宮本佳明建築設計事務所に改組。大阪芸術大学准教授を経て、現在、大阪市立大学大学院教授、東京理科大学、大阪大学非常勤講師を務める。
1996年第6回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展金獅子賞受賞。1998年「『ゼンカイ』ハウス」でJCDデザイン賞 ジャン・ヌーベル賞、JIA新人賞を、2007年には「クローバーハウス」で日本建築家協会賞、2008年「『ハンカイ』ハウス」でJCDデザイン賞金賞を受賞する。
主著に『環境ノイズを読み、風景をつくる。』(彰国社 2007)などがある。

宮本佳明

まいづるRB レクチャーシリーズ
まいづるRBが企画するレクチャーシリーズ。
「海」「地域資源」「アート」をキーワードに様々なジャンルの方のお話を伺います。
レクチャーシリーズの第一回目講師に、美術家の日比野克彦氏が決定!
第一回目のゲストには、ダンボール素材を使った「船プロジェクト」や、「朝顔プロジェクト」などで知られる美術家の日比野克彦さん。これまでに全国各地で行ってきたアート・プロジェクトの紹介から、地域における市民参加型のアート活動の事例やエピソードについてお話いただきます。

講師 日比野克彦(美術家)
日時 2009年12月5日(土)10:00〜12:00
会場 舞鶴赤れんが倉庫(6号倉庫)
   ※会場には空調設備がございませんので、当日は暖かい服装でご参加ください
参加費 無料(定員80名/予約先着順)
予約・問合せ まいづるRB事務局
       626-0080舞鶴市字北吸1039-2
       TEL 0773-66-1096 FAX 0773-64-6364
       MAIL office@maizuru-rb.jp

アーティスト・プロフィール
日比野克彦(ひびの・かつひこ)
1958年岐阜市生まれ、アーティスト。東京芸術大学大学院修了。1980年代に美術、デザインの領域を横断した作品を発表、時代を反映した作風で注目を浴びる。その活動範囲は作品制作のみに留まらず、パフォーマンスなど身体を媒体とした表現にも及び、「生きることは自分を表現すること」として、表現する手段に束縛されず常に自己の可能性を追求している。 近年は、受け取り手の感じ取る力に焦点を当てる試み、共同制作の魅力や芸術が社会のなかで機能する仕組みの提案など、様々な組織、社会の中で活動を行っている。現在、東京芸術大学先端芸術表現科教授。 2007年金沢21世紀美術館(「ホーム→アンド←アウェー」方式)、霧島アートの森(日々の旅に出る。)、熊本市現代美術館( HIGO BY HIBINO)で個展を開催し好評を博した。2008年金沢21世紀 美術館で(「ホーム→アンド←アウェー」 方式meets NODA[But-a-I])では美術館と劇場を行き来する実験的な試みを仕掛け、2009年夏、東京芸術劇場(東京池袋)にこの[But-a-I]を移設してプロジェクトを展開。「開国博Y150」(横浜市)にて「横浜FUNEプロジェクト」を、7月には鹿児島・種子島にて皆既日食に合わせ2艘の「種は船」を洋上で出会わせる 「時の芸術祭」を監修。第4回「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2009」(新潟県十日町市)にて、7年目を迎える「明後日新聞社文化事業部」や「明後日朝顔プロジェクト」など、精力的に全国を駆け回っている。
日比野克彦
主催:舞鶴市、NPO法人赤煉瓦倶楽部舞鶴
企画制作:まいづるRB
助成:財団法人 文化・芸術による福武地域振興財団