プログラム

子どもワークショップ


子どものためのアート・ワークショップ。
アーティストといっしょに、映画や音楽をつくってみよう!

※終了しました
1. 映画ワークショップ フィルムで遊ぼう!
近年DVDやブルーレイの登場により、過去の映像記録媒体となりつつあるフィルムを見直し、その魅力を再発見します。16mmフィルムに、絵を描いたり、やすりで削ったりして、この世にひとつしかない映画作品つくるワークショップ。最後にフィルムをつないで完成した約3分間の作品を、映写機で映して、参加者全員で鑑賞します。
また、アニメーションの原理を楽しく学べるおもちゃ「ゾーエトロープ」づくりにも挑戦します。
映画や映像のしくみを、みんなと一緒に分かりやすく知るワークショップです。

日時 2009年8月23日(日)
   [A] 10:00〜12:00
   [B] 15:00〜17:00
会場 まいづる智恵蔵2階
講師 川村健一郎(立命館大学映像学部 准教授)
料金 1人 500円
定員 各回25名(要予約)
持ち物 筆記用具
ワークショップ対象者 小中学生
※小学校低学年(3年生以下)の方は、保護者の同伴をお願いいたします。
申し込み・お問合せ
   まいづるRB事務局(舞鶴市政記念館内)
   TEL 0773-66-1096 FAX 0773-64-6364
   MAIL office@maizuru-rb.jp
申し込み方法
電話かFAX、e-mailにて、開催日の2日前までにお申し込みください。
住所・氏名・電話番号・参加人数・参加希望日時[A/B]をお伝えください。
キャンセルされる場合はご連絡ください。
定員になり次第締め切らせていただきます。


左:16mmフィルムに絵を描く様子/右:ゾーエトロープ
講師プロフィール
川村健一郎(かわむら・けんいちろう)
2006年まで川崎市市民ミュージアム映画部門に学芸員として勤務。映画の収集・上映に関わるとともに、ワークショップ「アニメーションをつくろう」「映画館をたんけんしよう」を実施。2007年より立命館大学映像学部准教授。

※終了しました
2. 音楽ワークショップ はじまりのリズムを探そう!
アフリカの打楽器や画材を使って、五感で楽しむ音楽と美術のワークショップ。
舞鶴の港では、縄文時代の丸木舟が発見されたことからもわかるように、遠い昔から、ここに生きる人々の生活がありました。
そんな彼らは、どんな音楽を奏でていたのでしょうか?
どんな模様を描いていたのでしょうか?
どのようなリズム感をもっていたのでしょうか?
原始的ともいわれるアフリカの楽器、画材をきっかけに、古代の舞鶴アートを想像してみませんか!!打楽器の合奏もあります。
楽器演奏の経験のない方でも気軽に参加していただけます。

日時 2009年9月5日(土) 13:30〜15:30
   2009年9月6日(日) 10:00〜12:00
会場 舞鶴市政記念館ホール
講師 港 大尋(音楽家・作曲家)
料金 1人 500円
定員 各日25名(要予約)
持ち物 スケッチブックまたはノート、筆記用具
ワークショップ対象者 小学校3年生以上〜中学生
申し込み・お問合せ
   まいづるRB事務局(舞鶴市政記念館内)
   TEL 0773-66-1096 FAX 0773-64-6364
   MAIL office@maizuru-rb.jp
申し込み方法
電話かFAX、e-mailにて、開催日の2日前までにお申し込みください。
住所・氏名・電話番号・参加人数・参加希望日時[A/B]をお伝えください。
キャンセルされる場合はご連絡ください。
定員になり次第締め切らせていただきます。
講師プロフィール
港 大尋(みなと・おおひろ)
作曲/作詞家、ヴォーカル&ギター、ピアノ、サックス、打楽器も奏でるマルチミュージシャン。バンド「ソシエテ・コントル・レタ」を率いて、詩人やダンサーとのコラボレーションなど、幅広く活動する。劇音楽の作曲・演奏なども多数。東京芸術大学や京都造形芸術大学で講師を務める傍ら、サディスティック・ミカ・バンドにゲスト参加なども行う。

港 大尋

主催:NPO法人 赤煉瓦倶楽部舞鶴